場所に合わせて電気も選ぼう

電球の種類によって部屋の見せ方や効果は変わってきます。暖かく落ち着いた空間を演出したい時、爽やかに見せたい時など照明だけでお部屋の表情は大きく変わります。ここで白熱灯と蛍光灯の違いを知って、目的に合わせた空間を演出していきましょう。

白熱灯と蛍光灯の違いとは

白熱灯

白熱灯はオレンジ色の暖かみのある色なので、ダイニングや寝室などの落ち着きたい空間に利用することをおすすめします。明るさを調節できるのは白熱灯だけです。電球の値段は安いですが、蛍光灯に比べて電気代が高くなります。

蛍光灯

蛍光灯は白熱灯に比べ、電気代も安く済むのでリビングなどの長時間電気を利用する場所におすすめです。光の色も昼光色、白昼色、電球色と選ぶことができます。白熱灯よりも料金は高いですが、寿命は長持ちします。

おしゃれな寝室やモダンな和室も演出

インテリア

大光電機の照明は、様々なタイプのものがあり、演出したい部屋の空間の手助けをしてくれます。寝室をおしゃれに演出したかったらシャンデリア、モダンな和室に合わせたかったら和風シーリングなどを使うと良いですよ。また、スタイリッシュなデザインも多く目立ちすぎず上手にインテリアとして溶け込んでくれるので邪魔になりません。温かみのある素材の照明もあるので、自身の好みに合わせて選べます。また、部屋の広さに応じて大きさや明るさも選ぶことができます。個性的なインテリアにしたい場合は、ペンダントタイプやスタンド、イルミネーションタイプの照明がおすすめです。部屋のアクセントにもなりますし、特にイルミネーションタイプは寝室やリビングなどを自由に照らすことができるので照明に凝りたい方にはおすすめです。

LED照明も取り扱っている

大光電機は、LED照明も取り扱っています。もし照明を買い替えたい、新しく取り付けたいという方はこの機会にLED照明にしてみてはいかがでしょうか?LEDは購入費用はかかりますが、蛍光灯に比べ寿命も約4倍と長持ちしますし、省エネもできます。また、紫外線を発していないので害虫が寄ってくることもなく衛生的です。特に高い位置に照明は電球の取り換えも大変ですから、助かりますよね。大光電機はそんなLED照明を多く取り扱っていますから、検討してみてはいかがでしょうか。今はインターネットから簡単に注文できますし、照明器具専門であれば対応も早く、即日発送してくれる業者もありますから、まずはサイトなどでどんな器具があるのかだけでも検索してみると、今後購入の際に役立つかと思います。

広告募集中